,

隠岐ジオゲートウェイ(隠岐ユネスコ世界ジオパーク中核・拠点施設)

2020年
島根県隠岐郡隠岐の島町
公募プロポーザル最優秀賞
第28回しまね景観賞奨励賞

用途 博物館
構造 鉄筋コンクリート造および木造一部鉄骨造
階数 地上2階
延床面積 1406㎡

隠岐の島町の玄関口である西郷港フェリーターミナルに隣接する複合施設で、「隠岐ユネスコ世界ジオパーク全体構想」の中に位置づけられたプロジェクト。
「展示・案内・人材育成・物販」を担う隠岐4島の各ターミナル港に整備される拠点施設の一つであり、各拠点施設を統括する中核施設として「調査研究・事務局」の役割も担うことが求められた。
隠岐が育んできたつながりを知り、未来へつなげるための施設であることを踏まえ、「つながり」をコンセプトの中心に据えた。
・施設内の各機能や動線が合理的に「つながる」だけでなく、周辺のまちや各種交通の動線を巻き込んで「つながる」
・表裏のない外観と複数のエントランスで、まちの回遊性と「つながる」
・吹き抜けを中心としたジオパークエリアで1階と2階の活動が「つながる」
・明るく開放的な居場所を様々に設け、人々の交流を促すことで観光客と地元住民が「つながる」
・石州瓦の屋根とふんだんに用いた隠岐の島産木材で隠岐の風土や林業と「つながる」
・シンプルな切妻屋根とフェリーターミナルにあわせた白い外壁でまちなみと「つながる」
・夜は施設をライトアップし、飲食店などが営業する夜のまちと「つながる」
・ユニバーサルデザインで誰もが安心して「つながる」
・在来工法による建設で、島の材料と技術が「つながる」
・ワークショップ、ヒアリングを重ね、発注者、施設入居者、地元住民、設計者が「つながる」

PAGE TOP